ダイエット対策のドッグフード

もしワンちゃんにダイエットが必要な状態になっていたとしても、毎日見ているワンちゃんなので、一歳前後のよく動く頃に比べて最近少し重くなってきたかな、と思うくらいの印象ということもあるかもしれません。
ワンちゃんが肥満の状態になると、足や体の内部への負担が大きくなります。
ワンちゃんの健康のためにダイエットをする際、ダイエット用のドッグフードの活用も有効です。それまで食べていたドッグフードの量をダイエットのために減らしてしまうと、栄養が足りなくなったり、ワンちゃんが空腹で辛い思いをする可能性があります。

ダイエット用のドッグフードは、それまでのドッグフードに混ぜながら慣らしていくなどして変えていく方法があります。
また、同じ分量で食事回数を増やすことも、ダイエット中は有効です。
ダイエットフードは、ワンちゃん自体がそう納得しているわけではありません。
ワンちゃんが美味しいと感じること、元気なウンチが出るなど健康状態が良好なこと、そしてダイエット効果もあることが、フードを選ぶ上では大切です。

ワンちゃんが太っているかどうかは、BCS(ボディ・コンディション・スコア)での体型チェックなどが目安になります。
ドッグフードをダイエット用に変える他、運動も有効です。無理なく、けじめをつけて、楽しく遊びながらダイエットができると良いのではないでしょうか。
ドライタイプと缶詰タイプのドッグフードの比較についても参考にご覧ください。