高齢犬のための食事について

長く一緒に暮らしてきたワンちゃんが年を重ねるのは自然なことです。
ワンちゃんにもよりますが、ワンちゃんが高齢という年代に入るのは、生まれてから数年から七年くらいです。
ワンちゃんの体の変化により、ドッグフードも合わせていく必要があります。
元気でいてほしいからこそ、ドッグフードも高齢のワンちゃん用にしていくのです。

高齢になったワンちゃんのドッグフードは、消化が良いこと、低カロリーであること、良質なたんぱく質を含んでいること、栄養バランスが整っていることが主な条件といえます。
消化器官の働きが衰えていくことに応じて、消化しやすいフードであることや、成犬であるころほどのエネルギーを消費しないことからの肥満防止で低カロリーであること、筋肉が衰えることを防ぐための良質なたんぱく質、視力低下防止や免疫力維持のための栄養バランスが必要なことが理由です。
フードを一度に変えてしまうと食べないワンちゃんの場合には少しずつ混ぜて、慣れるようにしましょう。

高齢のワンちゃんの健康状態は、早い段階からの体調を考慮したフードにより、良い状態で維持される可能性も高くなります。
しかし、ワンちゃんの食欲がないことや、元気なウンチが出ていないことがある場合、原因が食事以外にあることも考えられます。
フードに考慮することと同時に、定期健診を受けるなどのケアも大切です。