1986年に大ブームを巻き起こした「男女7人夏物語」を皮切りに、1980年代後半から1990年代前半にかけて数多く制作されたトレンディードラマ。当時ドラマで活躍し、人気を集めた女優の中には、現在もドラマや映画でバリバリと活躍している人が少なくありません。

 NTTレゾナントが運営するランキングサイト「gooランキング」では、トレンディー女優の中で、今も最高に美しいと感じるのは誰なのかについて調査を実施。20~40代男女500名の複数回答をもとに、ランキングを発表しました。

1位は、「石田ゆり子」!

 10代でデビューし、多くのテレビドラマや映画で活躍を続ける女優の石田ゆり子さんは、1969年10月3日生まれの現在51歳。

 テレビドラマ「101回目のプロポーズ」や「Dr.コトー診療所」(ともにフジテレビ系)、「ストロベリー・オン・ザ・ショートケーキ」(TBSテレビ系)など多くのヒット作に出演しています。

 中でも、2016年に放送された大ヒットドラマで新垣結衣さん演じる主人公の叔母のキャリアウーマンを演じた「逃げるは恥だが役に立つ」では、柔らかく優しい雰囲気と飾らないナチュラルな演技が幅広い世代から支持を集め、“大人かわいい”と大ブレイクを果たしました。

 日々の生活を中心に撮影したインスタグラムも人気で、フォロワー数は230万人超。自身について発信するアカウントとは別に、自宅で一緒に暮らすペット専用のアカウントも開設し、愛犬や愛猫の写真も多数アップしています。

 どちらのアカウントとも「めちゃくちゃ癒やされる!」と人気。年々かわいらしさが増している“奇跡のアラフィフ”石田ゆり子さんが堂々の1位となりました。

2位は、「沢口靖子」!

 1965年6月11日生まれの沢口靖子さんは、現在56歳。

 1984年、第1回「東宝シンデレラ」で3万人を超える応募者から初代グランプリに選ばれ、同年の映画「刑事物語3 潮騒の詩」で女優デビューを果たしました。

 文字通り「東宝のお姫様」として大事に育てられた沢口靖子さんは、トレンディードラマ全盛期に女優としてのキャリアをスタートしたものの、品のある整った美貌から、1990年の「花燃える日日 -野望の国・第二部-」(日本テレビ系)や同じ1990年の「お江戸捕物日記 照姫七変化」(フジテレビ系)、1996年のNHK大河「秀吉」のおね役など時代劇などで活躍。

 トレンディードラマ全盛期に活躍しているものの、トレンディードラマ自体にはほとんど出演していません。その後、1999年にテレビ朝日で「科捜研の女」シリーズがスタート。「相棒」と並ぶ長寿看板ドラマの主演女優として活躍を続けているのはご存知の通りです。

 大阪出身の沢口靖子さんですが、あまり大阪イメージがなかったことから、「タンスにゴンゴン」シリーズで大阪弁を披露した際には大きな話題に。大人気のCMシリーズとなりました。

 驚くような美貌で注目され女優デビューを飾った沢口靖子さんは、現在もとても50代とは思えない可愛らしさと美貌をキープ。ドラマだけでなく女性誌やCMで活躍しています。

3位は、「鈴木保奈美」!

Amazonより

 鈴木保奈美さんは、1966年8月14日生まれの現在55歳。

 1984年に「第9回 ホリプロタレントスカウトキャラバン」の審査員特別賞を受賞して芸能界入り。1986年の連続ドラマ「遊びじゃないのよ、この恋は」(TBS系)で女優デビューを果たしました。

 1988年「君が嘘をついた」(フジテレビ系)、1989年「白鳥麗子でございます!」(TBS系)など多数の連続ドラマや映画に出演していますが、鈴木保奈美さんをトレンディードラマ女優の代表に押し上げたのが、1991年の「東京ラブストーリー」(フジテレビ系)。鈴木保奈美さん演じるリカと、織田裕二さん演じるカンチの恋を描いたドラマは、最終回の平均視聴率32.3%と大ヒット作となりました。

 1998年には人気芸人コンビ・とんねるずの石橋貴明さんと結婚。3人の娘を出産し、専業主婦として家庭を守っていましたが、娘たちが小学生となったことから、2008年末に石橋貴明さんの事務所「アライバル」に所属し芸能活動を再開。人気ドラマ「SUITS/スーツ」シリーズ(フジテレビ系)などに出演していますが、2021年は中国映画に出演するなどさらに活躍の場を広げています。

 トレンディドラマ女優として活躍した頃の美貌はそのままに、3人の娘のママとして包容力も感じさせる鈴木保奈美さんは、憧れの女性として女性誌でも引っ張りだこ。30万人ほどのフォロワーがいるインスタグラムでは、雑誌のオフショットや撮影で出会った人や風景などを披露しています。

TOP10はこちら!

 石田ゆり子さんは、2位の沢口靖子さんに2倍以上の差をつけてダントツ1位に。トレンディードラマの代表格である「101回目のプロポーズ」では同じ会社の受付嬢で武田鉄矢さんに思いを寄せる役を演じました。

 トレンディードラマの女優と言えばまず思い浮かぶのが「W浅野」と言われた浅野温子さんと浅野ゆう子さん。それに、リカとケンチの「東京ラブストーリー」の鈴木保奈美さん。鈴木保奈美さんは3位、浅野ゆう子さんは10位にランクインしました。

 作詞家の魚住勉さんと結婚した浅野温子さんは、11位にランクイン。浅野温子さんらしいマイペースな働き方で、ドラマや映画にコンスタントに出演。長男は、NHKアナウンサーの魚住優さんです。